GW限定!『秒で沖縄に行けるバー by Orion』開催背景とは|ジェニトピ

オリオンビール株式会社が、宮古島のビーチを再現した沖縄空間でオリオンビールが楽しめる、新感覚のイマーシブ型バー『秒で沖縄に行けるバー by Orion』を、2024年4月27日~5月6日のGW期間限定で渋谷にオープンします。

Background

オリオンビールが、一都三県の20~60代の男女1,214名を対象におこなった「GW国内旅行に関する意識調査」によると、GWに最も行きたい旅先は「沖縄県」が1位となる一方、実際には関東近郊の近場の旅先を予定しており、理想と現実にギャップがあることがわかったそう。また、GWを近場で過ごすと回答した人の約7割が「本当は遠出したい」と回答。遠出を断念した理由には、「観光地の混雑」「旅費が高い」が上位にあげられました。

特に、20代・30代の若者にとって遠出のハードルは高く、混雑を避けたい・経済的にお金がかけられない・仕事が休めない・疲れて休養を優先したいという人が多いことが明らかに。この世代は「休めない、お金がない、体力がない」という三重苦の影響で、旅行を敬遠している一方で、旅行時に最もお金をかけたいものは、グルメやホテル代、観光体験にかかる費用のほか「写真映えする体験」を重視する傾向が見えたそうです。その結果から、沖縄に本社を置くオリオンビールは、「沖縄に行きたい!」と思っているものの訪れることができない方々に向けて、沖縄の魅力を身近に感じてもらうために『秒で沖縄に行けるバー』を開催する運びとなりました。

Target
主なターゲットは、GWを近場で過ごす予定の関東近郊の方。オリオンビールの調査結果のもと、“沖縄に行きたくても行けない”という方や、リラックスしたい・リフレッシュしたいと考える方に、本イベントを通して「沖縄に行ったかような体験」を提供します。

Why Now?
GWの期間に合わせて実施されます。

Planning Point

都内でオリオンビールを購入する理由として「沖縄感を感じたい」「沖縄にいるような解放感を感じたい」というものが多いそう。そこで、沖縄にいるようなイマーシブ体験をしてもらうため、五感で沖縄を感じられる仕掛けを用意。視覚では、実際に宮古島の与那覇前浜で撮影したプロジェクションマッピングを展開し、雄大で美しい沖縄の海を楽しむことができます。触覚では、床面に敷かれた白砂や島ぞうりに履き替えて入場する仕組みによって、よりビーチにいる感覚を味わえるそう。加えて、香りや気温、湿度も沖縄仕様になっていたり、味覚として、沖縄といえばのオリオンビールを味わえるようになっていたりと、あらゆる場面で沖縄を感じられる仕掛けが施されています。

Others
引用元
「秒で沖縄に行けるバー by Orion」 特設サイト

ジェニトピ 一覧

関連記事

  1. 築80年の古民家を図書室にアップサイクル!『すきま鎌倉店』|ジェニトピ…

  2. 全国津々浦々。ローカルと都会を結ぶ『HESTA LIFE』リリース|ジ…

  3. ふるさと納税のリアルイベント『Beyond The Taste』開催!…

  4. 余剰なおせちを『おそち』として販売。おせちロス削減を目指すロスゼロの想…

  5. テイクアウトの新体験『丸亀シェイクうどん』新発売|ジェニトピ

  6. 昨年度2,500組待ち!『保育園留学®』の新拠点・佐渡島 沢根保育園で…

  7. 渋谷に巨大スマホオブジェ?LINEMO「#電話が苦手です」プロジェクト…

  8. サラサーティ35周年で初の「おりもの」展覧会を原宿で開催|ジェニトピ

RECOMMEND

人気記事 最新記事

ARCHIVE