ユニクロ初!環境に配慮された『UNIQLO LOGO STORE』オープン|ジェニトピ

2023年4月21日、前橋市の前橋南インターチェンジ近くに、ユニクロの新しいロードサイド店舗『ユニクロ 前橋南インター店』がオープンします。これまでのロードサイド店を見直し、「お客様が集う店舗」「ユニクロの企業姿勢を知っていただく店舗」として位置づけられ、外観にはオブジェのような巨大なロゴが設置されています。加えて、ユニクロで初めて、「ユニクロが環境のためにできる数多くのこと」にチャレンジした店舗設計になっている同店。主に、店舗における消費電力を抑えるため、9つの工夫が装備されています

Background

ユニクロを運営するファーストリテイリングでは、2021年12月に「サステナビリティ主要領域2030年度目標とアクションプラン」の策定を行っています。その中の「温室効果ガス排出削減に向けた目標と具体的取組み」として挙げられていたのが、「店舗での省エネルギーの取り組みにより、電力使用量を削減。ロードサイド店舗で約4割、モール店舗で約2割の削減を目指す。」というものでした。今回の『ユニクロ 前橋南インター店』での取り組みは、その目標達成のためのひとつとして位置づけられています。しかし、『ユニクロ 前橋南インター店』は、あくまで“プロトタイプ”だそうで、2030年への目標達成に向けて、「いまできることを詰め込んでみよう」といったチャレンジの意味合いが強いようです。

Target

『ユニクロ 前橋南インター店』の周辺は、コストコ・カインズホーム・IKEA(2024年オープン予定)などの店舗があり、衣食住がなんでも揃うエリア。インターチェンジが近くにあるため、地域住民の方もちろん、関東全域のお客様を対象に来店してもらえるような店舗を目指しているそう。性別年齢問わず、オールターゲットであるユニクロだからこそ、誰でも気軽に来てもらえるような店舗になっています。

Planning Point

人々が集う居心地の良い快適な空間を目指して、洋服だけではなく生花の販売やカフェスペースを設け、ユニクロコーヒーの販売も行っています。このような“空間”や“洋服以外”に目を向け始めたきっかけは、コロナ。2020年当時、コロナや不景気で落ち込んでいた世の中を見て、柳井正社長が「服を売るだけではなく、生活に彩りを加えられるようなサービスを提供しよう」と考えられたそうです。そして、2020年にオープンしたのが『ユニクロパーク』。この時、生花の販売を開始し、反響も良かったことから、今回で北関東初・16店舗目の展開に至っています

Others

●引用元
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000172.000027384.html

ジェニトピ 一覧

関連記事

  1. 大学生協働企画の新感覚行政インターンシップ『ヨサクエ』、参加者募集開始…

  2. 注文時も飲食時も“音を使わない”カフェ『清浄』オープン|ジェニトピ

  3. 『ボラギノールスムース便秘薬』の「広告スッキリ車両」が運行開始|ジェニ…

  4. 昨年度2,500組待ち!『保育園留学®』の新拠点・佐渡島 沢根保育園で…

  5. コクヨの推し活キャンペーンがスタート|ジェニトピ

  6. 創業の地でさらなる地域共生を目指して。JINS『ONCA COFFEE…

  7. “お試し移住”で都市部の若者と地域をつなぐ。関係人口を創出する『ゆくゆ…

  8. 余剰なおせちを『おそち』として販売。おせちロス削減を目指すロスゼロの想…

RECOMMEND

人気記事 最新記事

ARCHIVE