就業人口77%を占める上位5種の職業体験『キッズタウンビルダーズ』|ジェニトピ

あそび総合カンパニー株式会社IKUSAが、2023年12月21日より、親子向け職業体験ワークショップ『キッズタウンビルダーズ』の提供を開始します。『キッズタウンビルダーズ』で体験できる職業は、日本の就業人口全体の77%を占める「事務職」「専門技術職」「生産工程従事職」「販売職」「サービス職」の5種。施設や地域などのイベントで開催し、集客や人手不足などの課題解決に寄与します。

Background

日本のキャリア学習において、体験を軸に据えたプログラムは存在しますが、それは消防士の制服を着て消火活動を疑似体験できる職業体験施設や、創業者・プロスポーツ選手といった著名な方による講演活動などです。これらの多くは、いわゆる“体験映え”するものや、わかりやすく“すごい”と感じられるような職業をテーマにしています。一方で、現状に目を向けると、日本全体の7割以上が、事務・技術者・生産工程の仕事・販売職・営業職・サービス業といった、日常にありふれている職業に従事。IKUSAは、こうした日本社会を支える職種にフォーカスすることで、「仕事」と「社会」の本質を早期の段階で理解し、将来職業選択をする際の一助となってほしい、選択肢を広げてあげたい、という想いから、『キッズタウンビルダーズ』を企画したそうです。“リアル”な職業体験にこだわるとともに、早期段階で職業観を育むことで、採用時のミスマッチを防ぎたい企業側のニーズにも応えます。

Target
基本的に、親子で楽しめる設計ですが、メインターゲットは小学校高学年以上の親子です。表層的な体験ではなく、仕事に存在するコアな要素が学べるようになっているため、おすすめは保護者も一緒に体験したうえで、子どもと対話する時間を持つこと。体験会に参加し『カラフルクリエイター』で配色のおもしろさを学んだ小学校6年生の親子からは、「街を歩くたびにいろいろな看板の配色について話すようになった」と報告を受けたそうです。人生の長きにわたって見方を支えてくれる、「耐用年数の長い本質的な学びをおもしろく届けるところ」が特徴のため、楽しいことが好きな親子や、特に学びが定着しやすい高学年以上の子どもにおすすめとなっています。

Planning Point

“企業”が主体となり、“本物”を題材に、子どもたちが“仕事を追体験”する学び
『キッズタウンビルダーズ』では、企業がおこなう実際の職業内容をベースにした学習プログラムを設計し、仕事を追体験する中でリアリティのある仕事観を形成することを目的としています。「自分自身が大事にしたい価値観や考え方と、リアリティのある仕事がどのように接続するのか」「その仕事が自分の人生の中でどのような意味を持つのか」というような、本質的な仕事観を育めるようになっているそう。そのため、“映える”職業ではなく、ありふれた職業をテーマにしています。

②プログラム制作パートナー企業への還元
『キッズタウンビルダーズ』のコンテンツは、プログラム制作パートナーのフロントで可視化されている製品・サービスに限らず、製品が製造される過程や社内のオペレーション、企業風土、ビジョンなど、あらゆる側面への取材からつくられています。子どもたちの学びに寄与するという形で、事業や仕事についての魅力を発信することができるため、プログラムの制作パートナー企業も価値を感じられる設計になっています。

Others
●引用元
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000020633.html

公式ページ
 https://ikusa.jp/service/kids_town_builders

ジェニトピ 一覧

関連記事

  1. 松屋フーズ初の“パスタ業態”。『麦のトリコ』オープン|ジェニトピ

  2. 大学生協働企画の新感覚行政インターンシップ『ヨサクエ』、参加者募集開始…

  3. 昨年度2,500組待ち!『保育園留学®』の新拠点・佐渡島 沢根保育園で…

  4. カルビーが実施する『目覚める仕送り』。朝食習慣をサポートするサービスと…

  5. 創業の地でさらなる地域共生を目指して。JINS『ONCA COFFEE…

  6. 電気保安業界をリブランディング。『電験倶楽部』スタート|ジェニトピ

  7. パッケージから地域の魅力を発信。47都道府県のヒット商品集が発売|ジェ…

  8. 2月15日から始まるバレンタイン。KuradashiがPOP-UP S…

RECOMMEND

人気記事 最新記事

ARCHIVE