コンセプトリニューアルのお知らせ~PR GENICが考える“パブリックリレーションズ”~

2018年11月に「PRをもっとポピュラーに」をコンセプトとしてスタートしたメディア、『PR GENIC』は、来月で2周年を迎えます。このひとつの“節目”を迎えるにあたって、PR GENICではコンセプトやミッションの見直しを実施。昨今のPR業界の動向や、今後PR GENICで成し遂げたいゴールを鑑み、これからご紹介する“新たなコンセプト”へと、リニューアルすることといたしました。

 

新コンセプト「“PR”をすべてのビジネス活動の中心に」

現在日本で使われている「PR」という言葉は、その広義性のあまり、SNSやウェブメディアで見られる「#PR」のように、“タイアップ広告”であることを意味する言葉として使われていたり、主に就活生が使用する「自己PR」のように、相手に対して魅力を“アピール”する言葉として使われていたりと、まだまだ本来の「パブリックリレーションズ」の持つ意味が浸透しきっていません。

また、パブリックリレーションズを実践している方々にとっても、その手段が「メディア露出」に極端に偏ってしまったり、PR活動の成果が見えづらく社内理解が得られなかったりと、抱えている課題が多いように感じます。

そこでPR GENICとして、コンテンツのクオリティ向上と読者層の拡大を目指すべく、これまで掲げてきた「PRをもっとポピュラーに」から、「“PR”をすべてのビジネス活動の中心に」へとコンセプトをアップデートすることといたしました。

この新たなコンセプトには、PR GENICのミッションとして

①PRの価値を再定義し、PRをすべてのビジネス活動の中心に位置づけられるものへとアップデートする
②誰もがPRの知見を持ち、日本のビジネス活動の中でPRがもっとポピュラーになることを目指す

上記の2つの意味が込められています。

 

PR GENICで使うPRの定義(≒MAKE NEW PR)

PR GENICでは、PRを「常に生活者とビジネスの間に立ち、双方向に働きかけることでビジネスを加速させるもの」と定義付けます。

<よくあるPRの解釈と、PR GENICが掲げる独自の定義>

  1. PR=売り上げに直結しないもの
    PR GENICの考え方⇒生活者の購買行動や動機付けに関わるもの
  2. PR=目先の結果が表れないもの
    PR GENICの考え方⇒何かしらの形でブランドのBefore/Afterが見えるもの
  3. PR=広告よりも安く実施できるもの
    PR GENICの考え方⇒広告が”手段”であるのに対して、PRは”概念”である
  4. PR=メディアバリューを意識した思考回路
    PR GENICの考え方⇒メディアの先にいる読者を意識した思考回路
  5. PR=時節性や話題性など、世間の動向を意識した企画設計
    PR GENICの考え方⇒生活者のライフテンションや、ターゲットのインサイトを第一に考慮した企画設計
  6. PR=バズを狙ったコンテンツ作り
    PR GENICの考え方⇒意識変容や具体的な行動を促すコンテンツ作り

 

新たな取り組み①『PR相談室』を設置します

コンセプトのリニューアルに伴い、PR GENICでは新たに『PR相談室』を設置いたします。1人で職務を担うことが多い広報PR担当者にとって、気軽に相談できる場所や相手が少ないことも、現状課題のひとつかもしれません。そんな悩みの種をひとつひとつPR GENICが吸い上げることで、“読者と一緒に業界の未来を創るメディア”を実現したいと考えております。

投稿する内容は、

  • メディアに取り上げられても効果が得られない
  • PR活動について社内の理解が得られない
  • PRの予算が取れなくて活動に制限がある
  • PR思考のトレーニング方法を知りたい

など、PRやコミュニケーション活動に関する内容であれば何でも構いません。いただいたご相談については、記事コンテンツやセミナー、勉強会などを通じて回答していく所存です。(場合によっては、PRトレーナーより個別でのアドバイスも差し上げます。)

※すべてのご相談に回答することは出来ませんので何卒ご了承ください。
※投稿者様の企業名や個人情報が特定されることは一切ございません。

みなさまの投稿をお待ちしております。

投稿フォームはこちら⇒https://pr-genic.com/prconsultationcounter

 

新たな取り組み②寄稿記事の募集を開始します

『PR相談室』の設置に加えて、PR GENICでは寄稿記事の募集を開始いたします。「新しいコンセプト・ミッションに共感した」「日本のPRの未来を一緒に創っていきたい」という方、PR GENICの読者に向けて記事を届けてみませんか?記事の掲載基準は下記のとおりです。

  • PR GENICのコンセプトである「“PR”をすべてのビジネス活動の中心に」に合致している
  • 人/企業/事例が立った内容になっている
  • 読者がマネしやすい&実践しやすいことが記されている
  • 問題提起だけでなく、それを解決する道筋や考えが示されている
  • 取材先への確認、数字の裏取り、写真のクレジットなど、責任をもって発信できる内容である

その他寄稿に関する詳しい情報は、下記ページよりご確認ください。

詳細はこちら⇒https://pr-genic.com/contribution

 

さいごに

PRは、広報・宣伝・広告といった“手段”ではありません。本来のPRの意味はもっと広義的で、常に生活者とビジネスの間に立ち、双方向に働きかけることで利益をもたらす“発想法”であると、PR GENICは考えています。

これからもPR GENICでは、全てのビジネスパーソンの“パートナーメディア”として、様々な場面で活かせる『PR』をご紹介して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【イベント情報】行動経済学の視点から読み解く、SNS炎上とソーシャルバ…

  2. 【PR GENIC公開!】

  3. なぜ企業の“広報PR部門”は予算が少ないのか?広報業務に関する独自調査…

  4. 【PR GENIC MEETING#2開催決定!】SNS起点でパーセプ…

  5. 【PR GENICオープンカレッジ開講のお知らせ】

  6. 【イベント情報】働きがいの向上につながるPR発想とは?日本広報学会「イ…

新着記事 人気記事