FiftyFifty|イケア・ジャパン株式会社

概要
家具や生活雑貨を販売しているイケアは、世界中で女性が男性の3倍以上の家事をしていることに着目し、国際女性デーに、Instagramのストーリーで「家事の平等を考えるデジタルカードゲーム【Fifty-Fifty】」を限定公開しました。10個の質問に答えることで、日々の家事分担についてパートナーと話すきっかけができるようになっています。 ※現在は、英語版の特設サイトでのみ、質問のいくつかをチェックすることが可能。

PRポイント
堅くなりがちなジェンダーの課題に対し、実際に参加することで生活者の自分ゴト化を促し、課題の可視化をするというプロセスがうまく設計された施策となっています。

出典
https://www.ikea.com/jp/ja/newsroom/corporate-news/20210303-internatoinal-wemens-day-pub65f52447

Sustainability Action 一覧へ戻る


山崎 未早希
株式会社マテリアル ブランドプロデューサー/Eagleメンバー
アパレルを経て、ブランディングエージェンシー に7年在籍。リブランディング、プロモーション、 D2Cブランドの立ち上げまでをプロデューサ ーとして経験。2021年からマテリアルに加入。ブランドプロデュース3局にてナショナルクライアントを中心にPRのプロジェクトマネジメントに従事。趣味は音楽とお酒、食べること、フジロック。【WORKS】凹メシ

新着記事 人気記事

ARCHIVE

  1. サステナブル

    代替肉のイメージを変える。他業界との“共創”で新…
  2. 生活者トレンド

    食トレンドを制するには、ミレニアル世代を攻略せよ…
  3. ジェニトピ

    横浜F・マリノスの順位表広告・“リアタイ新聞”が…
  4. 話題の立役者

    桃一Peach選挙や旅くじ…企画に“違和感”をつ…
  5. 話題の立役者

    ブランドマーケティングにおける”生活…
  6. MAKE NEW PR

    100作品の閲覧より10作品の分析を。元審査員に…
  7. 初心者向けコンテンツ

    動画プロモーションのメリットと効果を最大化させる…
  8. MAKE NEW PR

    あんぱんが国民食として広まった背景には、R…