長崎市サステナブルツーリズム|一般社団法人 長崎国際観光コンベンション協会

概要
「長崎市サステナブルツーリズム~知識が景色を変えてゆく~」とは、長崎市観光に携わる多くの方々が、長い年月をかけてつくり上げてきた「長崎市の観光価値」をアップデートし、持続可能な長崎市観光のために、訪問客・事業者・市民の三方だけでなく、社会・経済・環境の三方も意識した「六方良し」を目指していく取り組みです。長崎では、修学旅行や大人数でのツアーといった「大量消費型」の観光が長年主流でしたが、一人ひとりに付加価値の高い体験をしてもらうことで、これまでの「経済性重視」から「人間性重視」に転換。観光コンテンツだけではなく、その背景にある歴史や文化を伝えることで特別感を感じ、リピーターとなってもらうことが狙いです。

PRポイント
「大量消費型」の観光形態がもたらすオーバーツーリズム問題が、コロナ以降の旅行需要の回復により各地で問題になっています。それを解決するひとつの在り方として、今回長崎が掲げたサステナブルツーリズム「知識が景色を変えてゆく」は、歴史の理解と人との接点がポイントになっていると感じました。現地で暮らす人・営む人の“生の声”をもとに、文化や習慣まで落とし込んで伝えることで、単純な観光にとどまらない「一つの体験」として経験することができます。さらに、観光名所の知識が深まり、意味や意義も理解してもらえるため、長崎のファンになってもらいやすい状態が生まれます。そうすることで、長崎へのリピーターが増え、一人あたりの消費も増えていく。「知識」という観点を踏まえたツーリズムが、長崎を先頭に横展開または、日本に浸透されていくのか注目です。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000087874.html

Sustainability Action 一覧へ戻る


菅原 雄飛
株式会社マテリアル ブランドプロデューサー/Eagleメンバー
2021年12月にマテリアルに入社。プロデューサーとして、日用品や食品メーカー、施設など多種多様なジャンルのPR業務に従事。SDGs/ESGを専門としたマテリアル内チームを兼務。趣味はラグビーと映画鑑賞。

 

新着記事 人気記事

ARCHIVE

  1. 注目の事例

    あえて“紙のDM”で若者にアプローチ。南相馬市の…
  2. 話題の立役者

    人間味のある音楽サブスクで差別化を図る。熱狂的ユ…
  3. How to PR

    動画プロモーションのメリットと効果を最大化させる…
  4. How to PR

    テレビPRマル秘テクニック3選!誰も教えてくれな…
  5. 話題の立役者

    『b8ta』に見る、リテールの新しいカタチとは?…
  6. メディアとPR

    新型コロナウイルスがテレビ制作現場に与えた影響と…
  7. 未分類

    メディアと読み解く注目のサステナビリティトピック…
  8. ジェニトピ

    日本各地の伝統工芸に弟子入り!『てしごトリップ』…