ヤギの草刈り|Lago SENTO

概要
島根県松江市のヤギ牧場が運営するカフェ『Lago SENTO(ラーゴセントウ)』では、体力が必要で時間もかかる“草刈り”作業を、人間に代わって“ヤギ”がやってくれるビジネスを展開しています。『癒やしの草刈りサービス』は、「庭の草刈りにヤギが伺います」と銘打って、家庭や事業所にヤギを“派遣”し、生えている草を食べさせて、草を刈ってもらいます。ヤギが草を食べてくれる姿の癒しとともに、機械や除草剤を使わないので、安全でエコな除草を実現しています。

PRポイント
地方都市での人材不足を、ヤギが除草するというユニークな形で解消させている点に注目しました。また、除草しているヤギのミルクを使ったジェラートも提供していることから、訪れた人が一連のストーリーの参加者になることができます。

出典
https://ayamachi.jp/

Sustainability Action 一覧へ戻る


山口 健太
株式会社マテリアル ブランドプロデューサー/Eagleメンバー
大学卒業後に新卒でマテリアルに入社。通信キャリアやお菓子メーカーなど幅広いクライアントに従事、プロデューサーとして、発表会や調査PRなど様々な施策のプロデュース業務を遂行。国内外幅広いリレーションを活かし、2020オリンピックマスコットネーム発表会を担当。​2022年9月からブランドプロデュース2局のシニアマネージャーに従事。また、マテリアルのサステナビリティプロジェクト・Eagleのメンバーとしても活動を行う。趣味はサッカー。

人気記事 新着記事

ARCHIVE

  1. あえて“紙のDM”で若者にアプローチ。南相馬市の…
  2. 地域×食材×生産者のストーリーを食と読み物で届け…
  3. 暗闇で感覚を研ぎ澄ました食事を。『暗闇ごはん』開…
  4. “自治体らしくない”動画で広告賞受賞!『東京20…
  5. 社会課題と絡めた事業はどう打ち出す?バイトルの「…
  6. 電気保安業界をリブランディング。『電験倶楽部』ス…
  7. 定義刷新!重なり合いつつある「PR」と「マーケテ…
  8. フードロス削減への貢献度を可視化。『氷結®mot…