体験型エキシビション『グッチ バンブーハウス』|株式会社グッチグループジャパン

概要
ブランド創設100周年を祝し、ブランド発祥の地イタリア・フィレンツェの姉妹都市である京都にて、体験型エキシビション『グッチ バンブーハウス』を2021年7月22日~8月15日までの期間限定で開催。最新コレクション「GUCCI ARIA(イタリア語で空気や息吹の意)」に込めた創造と再生のストーリーから、3年間手つかずとなっていた町家を大幅に手を加えて再生し、50年代のアーカイブから最新の“グッチ ダイアナ”まで、新旧の名作が展示されました。また、バッグと並び、竹で作成したオブシェを展示。展示終了後、オブジェの材料の竹が丁寧に解かれ、次の作品で新たな形で再生されるなど、徹底してサステナブルなテーマ性が表現されました。

PRポイント
「なぜこの場所でこの企画なのか」が一貫しており、日本らしさを生かしつつ、ブラントらしい画がしっかりと作り込まれています。 加えて、関係者に限定した公開でなく、一般の方にも約1か月という比較的長い期間公開されていたことで、メディアが取り上げやすい企画となっています。

【ブラント100周年】
・ブランド発祥のフィレンツェと姉妹都市「京都」での開催
・ブランド創設と同じ1920年代創設の「旧川崎家住宅」での開催

【最新コレクション:GUCCI AIRA】
・コンセプトである創造と再生にちなみ、3年間手付かずだった「町屋を再生」
・展示された竹のオブシェは、展示終了後に解体されて新しい作品へ「再生」

【展示作品:バンブーハンドル】
・竹を用いた作品で有名な「四代田辺竹雲斎とのコラボ」

出典
https://www.vogue.co.jp/fashion/article/gucci-in-kyoto

Sustainability Action 一覧へ戻る


道具 菖
株式会社マテリアル ブランドプロデュース局/Eagleメンバー
2020年4月にマテリアルに入社。プロデューサーとして、食品メーカーや自動車メーカー、ファストフードチェーンなどのナショナルクライアントをはじめとした多様なクライアントのPR支援を担当。趣味は散歩、読書、コーヒーとお酒。【WORKS】桜チル銭湯

新着記事 人気記事

ARCHIVE

  1. 初心者向けコンテンツ

    【種類別】プレスリリースの書き方|メディアに取り…
  2. 初心者向けコンテンツ

    メディアリレーションは「新聞記者」を理解すること…
  3. メディアの本音

    『ゴールデンカムイ』編集、宣伝担当者が語る! 話…
  4. メディアの本音

    放送55周年で見えたラジオサブスクの意義。リスナ…
  5. 初心者向けコンテンツ

    テレビPRマル秘テクニック3選!誰も教えてくれな…
  6. MAKE NEW PR

    100作品の閲覧より10作品の分析を。元審査員に…
  7. 経営者のPR

    冷凍×ITでパン業界のDXを推進。事業の提供価値…
  8. ジェニトピ

    創業の地でさらなる地域共生を目指して。JINS『…