PASSTO|株式会社ecommit

概要
ECOMMITは「捨てない社会をかなえる」ために、ものが循環するインフラをビジネスで実現する循環商社です。全国7か所にリアルな循環センターを持ち、不要品の回収・選別・再流通を一気通貫で行うオリジナルブランド『PASSTO(パスト)』を展開し、その循環インフラの輪や分野を広げています。リユース・リサイクル率の算出や、CO2削減量のレポーティングを通して回収から再流通までの“ものの流れ”をデータ化するトレーサビリティシステムまで、企業や自治体の特性に合った循環サイクルの実現に向け、サービスを包括的に提供しています。

PRポイント
循環型社会について考えた時、私たちの生活にある、ものを「捨てる」ためのインフラに対して「循環させる」ためのインフラが今は圧倒的に不足しており、まだ馴染みがない方が多いのではないかと思います。ECOMMITが展開している『PASSTO』は、「循環させる」という選択肢を生活者の身近に存在させることができる取り組みです。いま、私たちが「次の火曜日は不燃ごみの日」と当たり前のように覚え、生活の動線にあるゴミ捨て場に行っているように、捨てずに渡す(循環させる)という選択が、まずは週に何度か生まれると、私たちのいまの当たり前は変わっていくのではないかと感じました。

また、企業や自治体は、トレーサビリティシステムを持つことで、製品が「いつ、どこで、どのように、誰によって、何で」作られたのかという部分を見える化し、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡可能な状態にすることができます。こうした情報開示は「組織への信頼性につながり、生活者が安心してアクションできる」という循環につながっており、その点も素晴らしい取り組みです。※トレーサビリティ(Traceability)とは「Trace(追跡)」と「Ability(可能)」という意味の2つの単語からなる言葉

出典
株式会社ecommit
PASSTO

Sustainability Action 一覧へ戻る


中野 さやか
マテリアルグループ株式会社 Eagleリーダー
2017年4月マテリアルに入社。プロデューサーとして日用品メーカー・ホテル・大手外食チェーン・スタートアップなど多種多様なブランドを50社以上支援。2021年9月からマテリアルグループのCD本部マーケティング局に移り、コーポレートブランディングとサステナビリティプロジェクトのリーダーを務めている。趣味は植物と料理、ピクニック。【受賞歴】ACC:ブロンズ/CODE AWARD:GOOD EFFECTIVE/PRアワードグランプリ:ブロンズ

 

新着記事 人気記事

ARCHIVE

  1. MAKE NEW PR

    なぜ企業の“広報PR部門”は予算が少ないのか?広…
  2. 生活者トレンド

    炎上は正しく怖がる!“爆速連絡網”で炎上を見極め…
  3. MAKE NEW PR

    “時報”でスポンサー・ファンとの関係強化!鹿児島…
  4. 初心者向けコンテンツ

    テレビPRで売上前年比500%UP?!事例から学…
  5. 生活者トレンド

    45周年を迎えたガシャポン。時流を捉え話題化した…
  6. 未分類

    メディアと読み解く注目のサステナビリティトピック…
  7. 初心者向けコンテンツ

    広告契約だけじゃない!タレントをキャスティングす…
  8. 初心者向けコンテンツ

    テレビに取り上げられる方法とは?テレビパブリシテ…