Cheers to all|ハイネケン・ジャパン株式会社

概要
ハイネケンは、2020年2月『Cheer to All』ショートムービーを展開。これは、アルコールドリンクにまつわるジェンダーステレオタイプを打ち壊し、「性別関係なく飲みたいドリンクを飲もう」というメッセージを啓発する目的で行われました。ムービーのストーリーをかいつまむと、レストランやバーでドリンクを注文する人々の中で、とある女性がビールを、男性がカラフルなカクテルをオーダー。店員は、経験やイメージから注文と逆の飲み物を手渡します。その後、男女がドリンクを交換し合い、最後は「Men Drink Cocktail too(男性もカクテルを飲む)」という一文と、ハイネケンのロゴで締められます。

PRポイント
「男性はビール、女性はカクテル」といった、無意識に潜んでいるジェンダーステレオタイプに異を唱える内容ですが、映像を通してコミカルに表現をしているため、押しつけがましくないという点がポイントです。また、ビール会社がビール以外のアルコールにもスポットを当てている点もユニークポイントです。

出典
https://www.heineken.com/lb/en/campaigns/cheers-to-all

Sustainability Action 一覧へ戻る


羽生田 幹
株式会社マテリアル ブランドプロデューサー/Eagleメンバー
総合広告代理店を経て、2020年8月にマテリアルに中途入社。プロデューサーとして、消費財、コスメ、メーカー、ITサービスといった様々な業界のナショナルクライアント、スタートアップのクライアントのマーケティングコミュニケーション支援を継続的に担当。趣味は食・酒・犬・旅(イラストは愛犬と僕を妻が描いてくれました)【WORKS】ENsMOL.(エンスモール)/スカルプD

新着記事 人気記事

ARCHIVE

  1. サステナブル

    団地再生のカギは“住民共創”にあり。茶山台団地再…
  2. MAKE NEW PR

    スタートアップはPRで差がつく。事業の急成長を支…
  3. 初心者向けコンテンツ

    テレビ取材対応のハウツーを知って一流PRパーソン…
  4. メディアの本音

    メディアに好かれるPRマンの特徴とは?大学生情報…
  5. ケーススタディ

    本質的な地方創生のためにできること。『絶メシリス…
  6. 生活者トレンド

    “アレンジの余白”がZ世代マーケティングを成功に…
  7. 生活者トレンド

    人生の選択肢は王道から多道へ。ミレニアル世代の生…
  8. 生活者トレンド

    withコロナの若者マーケティングのカギは「量よ…