“訳あり”商品の書店販売|株式会社クラダシ

概要
メーカーから、賞味期限間近やパッケージに汚れやキズがあるなどの理由で、一般流通に乗せられない商品などを買い取り、会員制のeコマースサイトで販売するクラダシと連携。22年3月末までに1万8632トン分の食品廃棄を減らすことに成功しました。また、2022年4月から、書店店頭で“訳あり”商品の販売を開始し、2022年度内には全国50店舗以上に規模を拡大しています。

PRポイント
全国の書店と関係値のある日本出版販売とタッグを組むことで、消費者が実際に商品を手に取れる機会を創出できています。 商品と一緒にフードロス削減に関連する書籍を並列販売し、社会課題の根本的解決に向けた情報発信を行うユニークな取り組みです。

出典
https://hedge.guide/news/nippan-kuradashi-202205.html

Sustainability Action 一覧へ戻る


道具 菖
株式会社マテリアル ブランドプロデュース局/Eagleメンバー
2020年4月にマテリアルに入社。プロデューサーとして、食品メーカーや自動車メーカー、ファストフードチェーンなどのナショナルクライアントをはじめとした多様なクライアントのPR支援を担当。趣味は散歩、読書、コーヒーとお酒。【WORKS】桜チル銭湯

新着記事 人気記事

ARCHIVE

  1. 初心者向けコンテンツ

    PRと広報・宣伝・広告の違いとは?混合されやすい…
  2. 経営者のPR

    グレーな事故物件の実態を“見える化”する。メディ…
  3. MAKE NEW PR

    あんぱんが国民食として広まった背景には、R…
  4. 経営者のPR

    『sopo』大ヒットを手掛けたNOINに訊く。ユ…
  5. 生活者トレンド

    “アレンジの余白”がZ世代マーケティングを成功に…
  6. MAKE NEW PR

    テレワーク下でも社員の熱量を高めるには。今求めら…
  7. MAKE NEW PR

    広報活動にも遊び心を。すべての人が“オーサムらし…
  8. サステナブル

    国内売上No,1!オランダ発“奴隷労働”と闘うチ…