植物生まれのプッチンプリン|江崎グリコ株式会社

概要
2020年に発売された『植物生まれのプッチンプリン』の容器を文房具へリサイクルする体験型授業を、千葉県流山市立新川小学校で実施。 授業では、品質を守るために使われている容器の材料・プラスチックの特徴や、プラスチックごみによる問題、解決のためにできることなどを、講義やカードゲームを通して生徒に伝えました。 また、同小学校の給食に『植物生まれのプッチンプリン』を提供。食べ終わった後に洗い、回収BOXへ投函された容器を、秋には「プッチンプリンの文房具」へとリサイクルされる仕組みにすることで、授業で子どもたちが学んだ内容を実践できるプログラムになっています。

PRポイント
給食でのリサイクル機会の提供からリサイクル品の授与まで、一連の流れを子どもたちが実際に体験することで、今後のアクションにつながるプログラムになっています。 また、給食で植物由来のプッチンプリンを提供したことで、卵や乳製品のアレルギーがある子どもたちも含め、全校生徒が初めて同じデザートを食べることができました。アンケートも実施し、「全校生徒が初めて同じデザートを食べた」というファクトを作ることで、「全ての人が笑顔で食べられる」という商品のコンセプト訴求とともに、ライフスタイルや宗教の違いを越えた多様性を考える機会も子どもたちに提供しています。

出典
https://www.advertimes.com/20220617/article387199/

Sustainability Action 一覧へ戻る


道具 菖
株式会社マテリアル ブランドプロデュース局/Eagleメンバー
2020年4月にマテリアルに入社。プロデューサーとして、食品メーカーや自動車メーカー、ファストフードチェーンなどのナショナルクライアントをはじめとした多様なクライアントのPR支援を担当。趣味は散歩、読書、コーヒーとお酒。【WORKS】桜チル銭湯

人気記事 新着記事

ARCHIVE

  1. あえて“紙のDM”で若者にアプローチ。南相馬市の…
  2. 地域×食材×生産者のストーリーを食と読み物で届け…
  3. 暗闇で感覚を研ぎ澄ました食事を。『暗闇ごはん』開…
  4. “自治体らしくない”動画で広告賞受賞!『東京20…
  5. 社会課題と絡めた事業はどう打ち出す?バイトルの「…
  6. 電気保安業界をリブランディング。『電験倶楽部』ス…
  7. 定義刷新!重なり合いつつある「PR」と「マーケテ…
  8. フードロス削減への貢献度を可視化。『氷結®mot…