寿司が消える日|株式会社ユーグレナ

概要
ユーグレナは、2019年のSDGs週間の初日である2019年9月22日(日)に、東京・銀座の有名寿司店である銀座久兵衛とともに、地球温暖化の進行により魚の生息が変化し、寿司ネタの消滅が起こる可能性を伝える企画『寿司が消える日』をローンチさせました。各寿司ネタが食べられる最後の日を公開した特設WEBサイト(https://euglena.jp/sushi)と合わせて、その最後の日に銀座久兵衛を予約できるTwitterキャンペーンも実施しています。

PRポイント
日本人に身近な寿司をテーマにすることで、一人ひとりが地球温暖化について考え、自分ゴト化できるきっかけを作りだしています。「このまま地球温暖化によって海洋生態系が破壊され続けたら、お寿司屋さんから日本近海のネタがなってしまうかもしれない」という事実には、多くの人が驚くのではないでしょうか。また、情報解禁のタイミングとして、国連が定めるSDGs週間というモーメントに合わせて実施することで、メディアに取り上げやすい情報設計を行っています。

出典
https://www.euglena.jp/sushi/

Sustainability Action 一覧へ戻る


菅原 雄飛
株式会社マテリアル ブランドプロデューサー/Eagleメンバー
2021年12月にマテリアルに入社。プロデューサーとして、日用品や食品メーカー、施設など多種多様なジャンルのPR業務に従事。SDGs/ESGを専門としたマテリアル内チームを兼務。趣味はラグビーと映画鑑賞。

人気記事 新着記事

ARCHIVE

  1. 2月15日から始まるバレンタイン。Kuradas…
  2. 『ロスパンの教科書』とは?rebakeが湘南パン…
  3. 松屋フーズ初の“パスタ業態”。『麦のトリコ』オー…
  4. 【BASE×BRURUS】通巻1,000号記念の…
  5. 最新トレンドと予測から読み解く!リアルZ世代が分…
  6. 就業人口77%を占める上位5種の職業体験『キッズ…
  7. メディアと読み解く注目のサステナビリティトピック…
  8. 余剰なおせちを『おそち』として販売。おせちロス削…